【不倫体験談】相手は美人でスタイル抜群のキャリアウーマン

furinn2

不倫と言われれば、それまでのことなのですが、私が結婚してから本気になった相手は、仕事の取引先の担当課長でした。課長と言っても相手は女性、ヤリ手のキャリアウーマンでした。家庭を顧みず、パートナーとの溝ができバツイチの女性でした。当時は私が43歳で、彼女は30歳でした。

【不倫スタート】二次会で彼女から告白され、ホテルで一夜を共にした

年齢は一回り以上離れていたのですが、しっかりとした人で、なかなかヤリ手の女性で、仕事では私と何度もぶつかることもありました。しかし、ある日、彼女のチームと共同で進めていた大型プロジェクトも無事に終了して、お互いのチームメンバー合同で打ち上げをしたのです。

その二次会は、お互いのチームの責任者であった彼女と私だけの席となったのです。その時にフラッと彼女が言ったことは「これからも宜しくお願いします。大きな仕事が落ち着いて、あなたと仕事をする機会が少くなるのが、嫌なんです。よくぶつかってましたが、本当は好きなんです。」その言葉で彼女の気持ちを初めて知りました。

スタイルも抜群ですし、美人タイプの彼女。しかし、仕事に対する厳しいスタイルが、私を含めて、女性として見ることを遠ざけていたのです。しかし、この夜は自宅に帰らずに、ホテルで一夜を共にしたのです。そう、彼女と男の女の関係が始まった時でした。

家族には出張と噓をつき、彼女のマンションへ

それからは、仕事が一時期、少なくなりオフィシャルには会う機会が少なくなったのですが、週に2回は彼女のマンションに泊まるようになりました。家庭には、宿泊の出張が入ったと偽りを言いながら。彼女のマンションでは、許されぬ愛でしたが、本気で心を通わせ身体を何度も何度も強く抱きしめて愛しあったのです。

それからは、家庭でも気付かれることなく不倫が続きました。しかし、彼女の会社との新しいプロジェクトが始まり、決起会が催された時のことでした。宴席で、私の部下が彼女の前で、私の娘の話を始めたのです。「課長のお嬢さんももう高校を卒業するんですね。早いなぁ。」

別れても仕事の良きパートナー。恋愛相談も受けてます

その言葉を聞いた彼女は顔色を少し変えていました。その夜、いつものように彼女のマンションに泊まりましたが、ベッドの中で言われたことは「今でもあなたを愛してる。でも、もうこれ以上はあなたの家庭に迷惑をかけられないよ。」

私は彼女と別れることはできない心境でしたが、それから1ヶ月後に別れることになりました。とはいえ、お互い大人です。仕事のパートナーとして、良好な関係は続いています。また、彼女の恋の相談相手として、新しいパートナー探しでも、後ろから応援を静かにしている毎日です。